Facebookなどのソーシャルをビジネスに活用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルネットワークサービスの活用

近年では様々なソーシャルメディアが発達してきて、使い方も多種多様化しており、SNS(エスエヌエス)という言葉も大分浸透してきておりますね。

なんといってもソーシャルメディアの最大の魅力は、情報の拡散力がずば抜けている点があげられます。
例えば何かしらクリエイティブな活動をしている個人が、その活動を公開して反応を貰う事ができ、さらにTwitterなら『リツイート』、Facebookなら『シェア』されればされる程、情報が拡散して行きますので、セルフブランディング、つまり自己プロデュースを個人の力だけでも十分やっていけるのが今のインターネットでできる事です。

これは、10数年前までは想像もつかなかった事ですが、今では全くの個人でもインターネット上で話題となりプロデビューして行くような若者も沢山出てきております。

とはいっても自分にはなかなか出来ないかなと思う事もあるかもしれませんが、これは何も特別な人間だけができる事では無いのです。

例えば、営業職の方やコンサルティングを行っている方、飲食店や小売店を行っている方がなどは、自分のやっている仕事についてソーシャルメディアを通して情報を発信する事で自社を知ってもらい、問い合わせを貰うという流れを上手に組んで行く事で企業利益を伸ばして行く事が出来ます。

高度経済成長期は自分はまだ子供でしたが、あの時代は作れば売れる、店を開けば売れる、そんな時代だったかと想像が出来ますが、今の時代は昔に比べるとはるかに便利になっています。商品も情報も溢れるほど出回っています。

ですから、消費者はありすぎて何を買っていいかわからない、どこのお店に行けば良いかわかない、同業であれば、どこでもさほど変わらないクオリティがあるとすら感じていたりします。

同じような商品であればインターネットで検索をすれば値段から性能、口コミまで調べられる時代だからこそ、消費者のニーズは昔よりもマニアックになっています。

物が少なかった時代のこれまでの売り方は、大勢の顧客に対して新商品が出ましたと宣伝すれば売れたわけですが、現代の販売戦略として有効なのは大多数に向けたセールスプロモーションよりも、もっと個人の深いニーズ(欲求)に合わせて他者との差別化をいかにアピールして行くかが重要なポイントになっています。

裏を返すと、この深いニーズに対して刺激する事が出来れば成約させる事は、実はさほど難しい事では無いのです。

ソーシャルメディアは自己表現の場として最適な空間ですので、こういった、より特化した欲求にたいしてアピールして行くと自然と御社のファンが出来てきますので深いニーズに向けてサービスや商品を売りやすくなっていきます。

特に私のような個人でビジネス展開をしている人や中小企業は特にそうですが、ソーシャルメディアを使ったプロモーションを一切行っていないのであれば本当にもったいない事です。

もし、まだ取り組んでいないのであれば今すぐにでもビジネス用のアカウントを取得されることをオススメします。

 

SNSは魅力的だけどやり方がわからない!

弊社では、こういったソーシャルメディアを使った販売戦略プロモーションのトータルコーディネートも請け負っております。

・上手くつかいこなせない

・もっと改善したい

・なかなか売れない

 

こういった悩みがあるのでしたら、弊社にお任せ下さい。

各ソーシャルメディアでの応用ポイントと各事業者ごとに活用ポイントを整理しながら、
御社と一緒に最適な活用方法をご提案する事が出来ます。

ソーシャルメディア(SNS)の持つ情報拡散力は目を見張るものがあります。
商品や業種によっては、きちんと戦略立てをして活用して行くと、その効果をすぐに発揮します。
始めるのでしたら早い方が間違いなくお得です。

もし、少しでも興味をお持ちであれば今すぐに弊社までご相談下さい。

※SNSマーケティングについてのご相談は問い合わせフォームよりお願いします。

 

btn-toi-blue

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る