SNSを使ったマーケティングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Social-Media

商売の基本は売り手と買い手のコミュニケーションが必要不可欠ですね。
どういう形であれ、商品をお客様に紹介して、どんな商品なのかを相手に伝えて行く事で
消費者はそこに価値を感じ購入して行きます。

テレビCMや新聞のチラシなどが宣伝ですぐ思いつくところだと思います。
こういった物はもちろん、知名度を上げたり販売を促進して行く効果は大きいですが
こういた広告にも実は大きく分けて2つのパターンがあります。

一つ目は、上場企業などが良くやっています、企業ブランドを上げる方法です。
解りやすく言えば、商品についての宣伝というよりも、会社の名前やブランドの知名度を上げて行く
ブランディング的要素の高い宣伝です。

色々なパターンがあると思いますが、こういった宣伝をすることで、
元々知名度も高い企業が、CMをすることで消費者に思い出させ、
そこで新商品などをさっと見せる事で興味をひかせたりする方法を取ります。

二つ目は、テレビショッピングやダイレクトメールなどで
商品を直接宣伝するような戦略を取っていく方法です。
テレビショッピングなどの番組は、まさにこのパターンで
販売企業の名前よりも商品の良さを全面に出し
存分に商品価値をアピールして、消費者に購買意欲を駆り立てる手法です。

多くの企業様が1つ目のブランド価値を上げて行く方法で販売をしたがる傾向が強いのですが
実はこういった戦略は大企業がやるからこそ、うまくいきやすい手法で
中小零細企業が名前を売るだけではどんな商品やサービスを提供しているのか
消費者はイメージしずらく伝わり難い傾向があります。
さらに、参入障壁として多額の宣伝、広告費用がかかります。

こういった戦略を中小零細企業が多額の宣伝広告費をかけて
効果の薄い広告や売り上げに繋がりにくいCMを打ってしまっては
継続的な経営を圧迫する恐れもあります。

では、中小零細企業におすすめの戦略としては
2つ目の商品価値を十分に消費者に伝えていく方法はかなりおすすめです。

この方法を行うにあたって使うべきものは

・ホームページ
・ブログ
・ソーシャルメディア

この3つをうまく活用して行くと宣伝広告費を押さえながら最大限の広告効果を出すことが可能です。
ブログやSNSで常時情報を発信する事で商品について知ってもらったり
価値を感じてもらう事や、会社を知ってもらう事など、様々事に活用できます。

 

特に注目するべきところは、ソーシャルメディアです。

 

TwitterやFacebook、LINEなどは一般的なユーザーが多く使っており
目に触れる機会も多く、さらに口込みが口コミを呼び
情報の拡散スピードが速くなる傾向がありますから、ここを上手に活用して行く戦略を取る事で
集客力や売上アップを比較的費用を抑えながら実現させていく事が出来ます。

どんな職種、業態の方にでもこういったアピール方法は応用が出来ますので
上手く活用できていない方は、沢山の商機を逃してしまっている恐れがあります。

効率よく上手に運用して集客、売り上げアップに活かしてみて下さい。
それではまた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る