WEB製作の費用対効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
meeting

meeting

WEBデザインやホームページ製作業者にホームページ製作を依頼した場合、一般的な5,6ページのコーポレートサイトを作ろうとした場合は最低でも15万程度はかかります。安くても10万円ほどの見積もりが出てくることは必至です。
しっかり作りこもうとした場合は20万、30万、大規模な製作になると、制作費はさらに上がって行きます。

ホームページは手にとれる商品ではありませんから作ろうとしているかたのスタンスによっても変わりますが、名刺代わりのホームページで良いというような場合、
個人事業主、中小企業の方々はホームページ製作のコストに対して躊躇するかたも非常に多いです。

製作を抑えたい、限られた予算で作りたいという場合はもちろん、その範囲内で出来るように対応をしたりもしますが、反応の取れるホームページやランディングページを作る場合、画像素材のサイズや色合いの微調整から、掲載する文言(コピーライティング)を一から考えたりしますので必然と時間がかかってきます。

WEB製作は言えばポンと出来ると思っているクライアント様も割と多いのですが、技術者は製作ツールの扱いや新しい技術・ノウハウを習得するために本やセミナー、WEBサイトなどで情報収集は欠かせません。

時間も金銭も使って習得して行きますのでスキルが上がれば作業も早くなって行きますが単純にすぐ出来るから安く出来るということには繋がっていかないのです。

自社の人材を教育させていくと金銭的なコストや時間的なロスも上がります。そこからさらに自社でサイト作成をしていく場合には、さらに時間と経費がかかることを考慮すると、製作会社に以来する事はコストは抑えられているということにも繋がっています。

そして、何より重要な点はインターネット上から反応を取ることを考慮した物を製作していく場合、製作したWEBサイトなどから集客や商品・サービスの成約に繋がっていきますから長期的な視点で見ると一度の制作費とちょっとした維持費で継続的に企業利益に繋がっていく資産を持つということになります。

総合的に考えていくと、WEB製作会社が依頼を受けるということはクライアント様の業務実績にたくさんの影響を与える重要な仕事だといえます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る