見込み客に対して最善のタイミングでアプローチする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s

73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s

弊社で取り扱っている顧客管理システムは自身でも使っております。
使いながら良いなと感じた点を今回は、ご紹介します。

まずこの画像をご覧ください。

01cd31bb59bccc18ec81d16bb1941027

こちらは見込み客情報を入力する画面です。

必要情報は全て入りますので他のツールと何ら変わりはないのですが赤枠の中に注目してください。
これは見込み客がどの程度あなたに対して反応が取れているかを見えるか出来るようになります。
言葉は悪いかもしれませんが見込み客を格付け出来るようになってます。
一言で見込み客と言っても100人いれば100通りの環境や状況があります。
話を聞く体制が出来ているのか、そうで無いか、
あなたに対しての信頼度はどれくらいあるのか
色々な状況が想定できますのでそこを管理します。

そして次の画像です。

bfc6fa461076daa0efed32899b936b47

①で各ページでコメントを残せます。
②では活動した履歴を残して行く事が出来ます。

この3つの機能を上手に使う事で見込み客や既存顧客に対して
正しくアプローチする事が可能になります。

お客様に対してどの程度商品を理解してもらい価値を感じてもらえているのか
お客様は本当に必要としているか、またはどの程度購入する意思があるのか
購入後ならばフォローアップは必要かなどなど、
それぞれの方で状況は違ってきますから、そこに対応した接客や営業をして行きながら
お客様に合わせたフォローして行き最善の方法でお客様に対してサービスが提供できれば
顧客満足度も上がって行くと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る