WEB制作会社には頼らない!無料で作れるホームページ作成サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20e8cd83436e17bb8c5f5d28b6e0cf0a_s

20e8cd83436e17bb8c5f5d28b6e0cf0a_s

制作をしている私がこんな事を書くのもなんですが、近年(2016年)では無料できれいなサイトを作る事ができるサービスがあります。無料と言っても作りこめばプロ顔負けのサイトを自身で作る事が十分に可能なサービスを紹介します。
ホームページを作ろうとしている方で興味がある方は、制作会社に依頼する前にぜひ試してみて下さい。

ホームページ作成なら「WEBサイトビルダー」がオススメです。

WEBサイトビルダーというのは、ブラウザ上で簡単な操作で項目を選択して行ってちょっと入力したり画像を当て込んで行けばホームページが完成します。

※ウェブブラウザについて補足
ホームページを閲覧する為のツールでWindowsなら「インターネットエクスプローラー」Macなら「Safari」が初めから標準でインストールされています。
最近では「GoogleChrome」を使っている方も多くなって来ましたね。

WEBサイトビルダーは特別なソフトを必要とせず、インターネットとブラウザだけあればホームページを作る事ができます。

【注意点】

インターネットが使える環境でしか使えませんのでローカル(ネット環境無し)での制作が出来ない

有名なソフトでホームページビルダーをWEBサイトビルダーを混同しない

この2点に注意してください。

 

ホームページ作成 | 無料ホームページの作り方 | WIX

http://ja.wix.com/

ホームページ作成サービス – Jimdo(ジンドゥー)

http://jp.jimdo.com/

おしゃれなあなたは「IM-Creator」

http://www.imcreator.com/

Edicy

http://www.edicy.com/?ref=websae

Strikingly – あなただけのウェブサイトを制作するための、最高の …

http://jp.strikingly.com/?locale=ja

Webnode

http://www.webnode.jp/

 

制作者としてオススメしないのは理由があります。

これからの時代ホームページは絶対に持っていた方が良い事は間違いありません。
今回紹介したサービスは制作知識がない方でも簡単に誰でもきれいなサイトが作れて、とても優秀なサービスだと認めざる負えません。コードがかけなくても手軽に作れるのは凄くうれしい事だと思いますが、デメリットもります。
それは、まず無料サービスを維持して行くには経費が掛かりますからほとんどの場合、意図しない広告がホームぺージに表示されます。他社の広告が入るという事は、自分の会社の見込み客が他のサイトに流れて行く可能性を指しますから、あなたの商品やサービスの成約率(コンバージョン率)を落とします。
また、広告を消そうとした場合は月額課金制となり同様にドメインは無料であればサブドメインになってしまいますし、SEO(検索エンジン対策)の観点から考えても独自ドメインが強いので商売で使うサイトならば絶対に独自ドメインは欲しいところです。この場合ももちろんオプション料金が発生します。
作る事は作れるけど機能を拡張しようとすれば料金はかかってしまい、機能を拡張すればするほど加算されていきますので、期間が永くなれば長くなるほど、費用対効果が薄れてしまいます。料金については良いとした場合も、自社のホームページを他者に依存して作ってしまうと、もしサービスが終了してしまった場合、サイトが消えてなくなってしまうという事がリスクも含んでいます。
長期的な視点から言えば間違いなく自社できちんと反応の取れるホームページを作って長く運営しながら作りこんで行く事で検索エンジン対策にも有効ですし、機能の拡張もしやすくなりますのであなたのビジネスにとってメリットが大きいと断言できます。

ただ作るだけでは無く、作った物を上手に活用してWEBマーケティングの効果を最大に発揮して欲しいという思いから、ビジネス用のサイトは上記のような無料サービスで作る事をオススメしていません。

自分で作ってみる事は凄く良い事だと思いますので、制作に関するアドバイスやちょっとしたコツなどもメールマガジンでは書いています。ホームページ制作やWEBマーケティングなどWEBの活用についてや、企業のWEB担当者などにとっても有益な情報を発信しております。

興味のある方は購読してみて下さい。

 

meilmagazine_banner690x300

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る