ホームページだけでは弱すぎて売り上げは伸びない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aa31b79a-80580

ホームページは作っただけではアクセスは伸びません。

アクセスを伸ばす方法は山ほどありますが多くの方は検索エンジンなどの他の媒体からのアクセスを見込んでいる方が多く弊社でも「アクセスアップをしたい」、「検索順位を上げて欲しい」と言った要望も数多く来ます。
ただホームページを作るだけでは無くアクセスを呼び込むための対策をとらなくてはなかなか売れるホームページにはなりません。

 

アクセスを集める3つの方法

アクセスを呼び込む方法としては大きく分けると3つの方法が主流です。

  • SEO対策(検索エンジン最適化に関する対策)
  • 有料広告の出稿(お金を使いアクセスを買う)
  • 別媒体からの流入(ブログやSNS,ポータルサイトからの流入)

これらの3つに分類できそれぞれで様々なノウハウがあります。

 

SEO対策はキーワードの選定が重要

検索エンジンからの流入を促すには検索結果でいかに上位表示させるか(検索エンジン対策=SEO対策)がポイントになりますが業種業態によっては一つ二つキーワードを重点的にやってもビックキーワード(人気のキーワードや競合が多いキーワード)に引っ掛かるものだった場合、なかなか大手のサイトを蹴落として上位表示させることも難しく時間がかかります。またホームページでは作れるコンテンツボリュームにも限りがありますのでなかなか検索上位に持って行く事が難しいというデメリットもあります。

 

アクセスを集めるには有料広告が手っ取り早い

ビックキーワードで大手サイトを押さえて上位表示させるには有料広告を出稿して無条件で上位表示させる事も可能です。この場合はアクセスをお金で買ってしまうためコンテンツボリュームに関係なくどんなキーワードにいくら使ったかの方が重要です。しかしビックキーワードでアクセスを集めたいような場合だと広告単価も高く付いてしまい経営を圧迫して行く要因にもなるので注意が必要ですし、あまり予算が確保できない場合は期待している効果が得られない場合もあります。

 

別媒体からの流入を促す

SEO対策や有料広告以外で力になってくれるのがブログやソーシャルからのアクセス流入が非常に有効でブログやSNSは日々コンテンツを発信するのに向いていますので常時コンテンツを増やしていけます。
自社サイトの場合書き足せるコンテンツの幅が限られていたりコンテンツボリュームに限界があったりしますのでサイト自体のseo対策には限界が見えてきてしまう場合があります。しかし、ブログの場合はオフィシャルサイトよりも柔軟にコンテンツを増やせますので記事を書きやすいというメリットと増やしたコンテンツが検索エンジンにインデックスされますのでSEO効果も徐々に効いてきるという特典があります。この効果でアクセスは次第に増えて行くでしょうし、情報発信をする事で自社の商品やサービスについての価値提供が出来ますからお問い合わせを貰いやすくなります。

 

組み合わせ次第でアクセスは爆発する

「自社サイト」+「別媒体」を作る事で1+1=2以上の効果が期待できるのです。
自社サイトをWordPressで作っている場合、ブログを追加するのは非常に有効で管理もし易いのでオススメです。
もし御社で自社ブログを作っていない場合は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る